Loading...

Tagged: カメラ

CLOSE UP YOKOHAMA_ISOGO

サマー回想

何度も撮らせてもらっている女性との独特な「距離感」が存在する。RINAちゃんとはそういう空気感をとても感じる。撮るたびに変わっていく彼女独特の空気をどうやって撮…

CLOSE UP KAWASAKI

キミノセカイ

もう何年も撮り続けている千尋ちゃん。彼女は一言で言うと「爽やかな風」だ。涼しげな風がいつも彼女の周りにまとう。その空気感はとても心地よいもので、居心地の良さにそ…

CLOSE UP HAYAMA

風が匂う海が青い

さやかちゃんはこれで2度目。最初に会ったときに感じたのはとても元気のある男勝りな雰囲気。そんな雰囲気を感じたまま撮影したので少しボーイッシュな雰囲気になっていた…

CHIGASAKI OISO

そこになる日常の風景

 そこになる生活、そこになる今……。それがいかに大切で儚いものかを思い知らされる。歳をとることでその「重要性」というものに気付き出す。それが遅くないのであればい…

KAMAKURA

碧い海、とける空気

世の中はどんどん物騒になっていく。そんな中でも少女の目に写る景色は変わらない。だからこそそこには不変の価値が存在するのかもしれない。ゆうなちゃんとは数年の付き合…

CLOSE UP IZU

この海の向こうで

ミス駒澤2016に輝いた麻帆ちゃん。去年の夏にも撮影させてもらったがより一段と女性として輝いていてなんだか少しドキドキする撮影だった。そのあまりの美貌に酔いしれ…

CLOSE UP JOGASHIMA MISAKI

敬愛の海

今も昔も変わらないこと……。それは写真と向き合う時の心構えだ。女性を撮らせてもらう時に必要なことは相手を信頼すること。まずそれが前提でありこれだけで結果がかなり…

未分類

Tokyo Sea

どんな場所でも撮れるようにならないと…と感じる昨今。未来ちゃんとは東京はお台場で撮影した。これから神奈川の地以外で撮影した場合にはotherとしようと思う。 未…

ATSUGI/HADANO OISO

Winter Beach

冬の海がとても好き。何十年も前からそう思っている……。「根暗なのでは?」などと自分自身に問いかけることもあるが、実はそうなのかもしれない。そんな少しセンチメンタ…

MIURA YOKOSUKA

Motion Heart

昔大学時代の先輩の名言である「女性はまるで先の見えない人生そのもの」という言葉を思い出す。撮影をしているとたくさんの素敵な女性に出会う。その事は自分にとってとて…

CLOSE UP HIRATSUKA OISO

湘南の海になびく髪

今そこに存在する景色。その景色が20年後にもそこにあるとは限らない……。中校生だったときの日本史の先生の口癖だった。今見ている景色は20年前と変わらない気がする…

MIURA

キミの記憶は海の中に

 キミの声が聞こえる……。そんな錯覚に陥るのは決まって波音を聞いている時だ。湘南の海で聞ける声。それはどんなときでも癒やしの声だと感じてしまう。七海ちゃんとはも…

CLOSE UP MIURA

想いを胸に込めて

自分がいったい何者なのかを確かめるかのように、自分自身と向き合っている。そんな気迫を感じたのが小舞ちゃんだ。そのせいで少し「自分らしさ」を見失ってしまう瞬間もあ…